子宮筋腫とは

2022/11/09

江東区毛利にある、不妊専門鍼灸院、住吉鍼灸院です。

不妊の原因のひとつと言われている子宮筋腫についてお話したいと思います!

子宮筋腫とは、子宮を構成している平滑筋という筋肉組織由来の良性腫瘍です。

ただ、発生する場所によっては不妊の原因になってくるのです。

そして発生の原因として、はっきりしたものは無いのですが卵巣からの女性ホルモンが影響して筋腫が発育すると考えられています。

子宮筋腫には種類があり

漿膜化筋腫

筋層内筋腫

粘膜化筋腫

の3種類があります。

1つ目は漿膜化筋腫は子宮の外側に発生した筋腫です。最初は無症状なのですが大きくなると「お腹が張って苦しい」や「お腹にガスがたまっている感じする」など腹部に膨満感を感じるようですが不妊には影響しにくいと言われています。

2つ目の筋層内筋腫は子宮の筋層の内側に発生したものです。無症状の場合もあるのですが、やはり大きさにより、腹部の膨満感を感じたり、過多月経の症状が出てくると言われています。筋層内でも出来る場所によっては不妊に関係してくると言われています。

3つ目は粘膜化筋腫は子宮の内膜に発生した筋腫のことです。大きさを問わず、発生すると過多月経や貧血といった症状が出てきて、3つの筋腫の中でも1番不妊の原因に関係してくると言われています。

症状としては

貧血

月経痛

頻尿

便秘

などがあげられます。

このような症状を強く感じていらっしゃる方は1度、医療機関を受診し、検査して現状を知ることも大切です。

今気になっている体質を改善して心も体の健康な状態で過ごしていけるお手伝いを出来たらと思います!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

予約状況はこちらになります↓

Live Members | 会員ページ (power-k.jp)

ただいま、たくさんのご予約をいただいており新規ご予約が取りにくい状況でございます。急性症状でお困りの方は一度お電話でご相談ください。

03-5600-2522

また施術を受ける前のご相談を公式LINEにて承っておりますので、こちらもどうぞご利用ください。

友だち追加

住吉鍼灸院

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

駒井 鼓々乃