安静に・・・

以前、不妊治療で通院され、
その後妊娠したものの、
いらっしゃらなくなった方から
久しぶりに連絡がありました。

「実は妊娠後も出血が続き、
安静状態だったんです…」

 

前置胎盤とのこと。

前置胎盤とは、
胎盤は普通子宮の上に位置していますが、
胎盤の位置が子宮口をふさぐ場所に
できていることです。

 

「安静に」
とお医者さんから言われたので、
おうちでじっとしていたそうです。

もう20週も。

 

前置胎盤の原因は色々
言われていますが、
カラダの冷えも
原因のひとつなのです。

 

お風呂もシャワーで、と
言われたそうで久しぶりに
来院されたときは
カラダが冷たく冷えきっていました。

ずっと寝ていたので
腰も伸ばすことができない
ほどになっていました。

これでは血流が悪く、
ママの血液から栄養を
もらっている赤ちゃんに
良い訳がありません。

 

温める治療をしていき、
ご自宅でもお灸や足湯を
してもらいました。

その結果、昨日の検診で
2センチ程胎盤が上がっていた
そうです。

 

現在24週目。

 

30週以前に前置胎盤と
診断されても、
出産するまでずっと
前置胎盤のままの場合は
たったの5%にすぎないのです。

まだまだ可能性は
十分にあるので、
逆子もくるっと回って
もらおうと思っています^^

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子