男性の気持ち

女性は月に一度排卵をします。

 

妊娠を希望されている方は
このときを狙って
性交渉を行います。

 

以前不妊クリニックへ
通院していたけれども

ストレスになってしまって
ご自身でタイミングを
とられている方から

 

「先月もで、
今月もそうだったんですが、
その日になると
主人ができなくなるんです・・・」

と相談されました。

 

ご主人曰く、
仕事のストレスかな・・・と
仰るようですが、
他の日は大丈夫な様子なのです。

 

これはまさにご主人、
月1回のプレッシャーを
感じている状況です。

 

そしてそのように
訴える奥様も
少々イライラしている
様子なんです。

 

愛を育むことができる
性交渉なのに、

妊娠のための
性交渉になってしまっています。

 

それではお互いが辛いですよね。

 

実は、
鍼灸治療による血流改善は、
男性のインポテンス(勃起障害)にも
かなりの効果をもたらします。

 

<インポテンスの原因>

・器質的 22.3%(身体の構造上の問題)
・機能的 72.0%(構造は問題ないが働きの問題)
・不明    5.2%

 

と男性性機能障害で
構造は問題ないけれども、
働きが悪いという原因が
大多数なのです。

 

しかもそのうち、
心因性のものが68%を
占めています。

 

つまり
インポテンスのほとんどは
目に見えない心因性によるもので、
外科的処置などでは
解消できない症状とされています。

 

そういった
心因性のものこそ
鍼灸治療が最適だと
考えられます。

 

奥様には
ツボの場所をお伝えして
ご自宅でご主人へ
お灸をしてもらっています。

 

女性は年齢という
変えられないものがあるので
焦る気持ちもありますが、
お互いに思いやりをもって
赤ちゃんを迎えてほしいなぁと思います。

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子