疲労抜きジョグ

疲れたとき、
どうしますか?

 

もちろん休むでしょ
って思いますよね。

 

正解!
なんですが、

もっと早く回復させるのが
運動をすることなんです。

 

余計疲れるなぁって
思いませんでしたか?

 

身体に疲れが溜まったときほど
軽い運動をするが
疲労回復の近道なんです。

 

人によってやそのときの
お身体の状態にもよりますが、

ジョギングなら歩くよりも
少し早い程度のスピードで十分です。

 

身体の中に酸素を多く
取り入れることにより
傷ついた細胞を蘇生させ、
疲れた身体を回復させるのです。

 

つまり有酸素運動ですね。

 

これは酸素運搬のための
血液循環がポイントとなるのですが、
これが円滑に行われるならば
疲労回復の効果が高まるのです。

 

運動すると
心拍数が高まりますよね。

心拍数を早くするということは
血液が多量に循環していくということ。

 

しかしあまりにも激しく
心拍数を高めることは
疲労を伴います。

つまり心拍数が安静時のままで、
血液循環がよくなればよいのです。

 

だから軽い運動で
十分なんです。

 

この時季の外でのジョギングは
暑すぎて危険です!

 

と言い訳をしながら
ジョギングさぼり気味です。

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子