大切なこと

不妊クリニックで治療をされながら
当院へ通われている方は多いものです。

 

先日
人工授精をするということで
誘発のお薬と注射をしていた方が
いらっしゃいます。

 

来院当日は人工授精をする日。

 

「しましたか?」
とお伺いすると

 

「しませんでした」
と。

 

どうして?!

注射までしていたのに…

 

お話をきくと、
妊娠することが目的になってしまって
本当に今心から自分たちの赤ちゃんを
望んでいるんだろうかと思ってしまった。

赤ちゃんにはきてほしいけど
今の気持ちのまま
妊娠してしまうことってなんか違う・・・ と。

 

・・・

 

 

とても素直で心からの言葉は
とても胸をうちました。

 

妊娠を望んで不妊クリニックで
治療を続けていると
だんだんと本当の目的を
見失ってしまうことがあります。

 

ご主人を
置いてけぼりにしていないかな?って
思うこともあります。

 

女性ばかりがクリニックへ足を運んで、
精神的にも辛くなる治療ですから
そう思ってしまうこともあると思います。

 

だけど一番大切な気持ち、
ご主人やパートナーとのこどもがほしいという
一番始めの気持ち
思い出してほしいなと思います。

 

そうするとカラダは自然にリラックスして
赤ちゃんを迎えることができると思います。

 

 

その方はしばらく
クリニックをおやすみしますが、
心から赤ちゃんを望んだときに
赤ちゃんはやってきてくれると願っています。

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子