遺伝子を傷つけるもの

活性酸素って
何か知っていますか?

 

「ほかの物質を酸化させる力が
非常に強い酵素」のこと。

 

私たちは呼吸によって
大量の酸素を体内に
取り入れていますが、

そのうち約2%が
活性酸素になると
いわれています。

 

この活性酸素が
増えすぎてしまうと
正常な細胞や遺伝子をも
攻撃(酸化)してしまうのです。

 

つまり、
遺伝子を持つ精子や卵子を
活性酸素が傷つけてしまい、
卵や精子の質を
悪くしてしまうのです。

 

怖いですね〜

 

そのためには
活性酸素を増やさない生活を
心掛けることができます。

 

【抗酸化生活その1】

■タバコ・アルコールを控える

■軽い運動をする

■ストレスをためすぎない

 

【抗酸化生活その2】

■ビタミンC、Eを積極的に摂る

 

意外と簡単にできますね。

 

また当院ではサプリメントから
活性酸素を除去しています。

 

クリニックでは
卵の質をあげることはできないと
言われていますが、
それでもできることはあるんだと
私たちは思います。

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子