5つの梅雨対策を教えます!

もうすぐ
梅雨がやってきますね。

 

日本は湿度の高い国なので
梅雨時期の湿気対策は必須です。

 

湿度が高いと

身体がだるくなったり
頭痛が出やすくなったり
髪も広がるし・・・

と嫌なイメージが強いかもしれません。

 

また、

胃腸の調子が悪く
関節が痛く
しびれが出やすい

時期でもあります。

 

今回は身体のための
【5つの梅雨対策】
をお伝えいたします!!

 

1、飲み物の摂り過ぎに注意!

外の湿度も高いですが、
身体の中の湿度も高くなっています。

身体の中の「湿」を増やさないためにも、
温かい飲み物でも
摂り過ぎないように心掛けましょう。

冷たい飲み物はもってのほか、
夏バテの原因にもなります。

 

2、熱めのお風呂で発汗をするとGood!

身体の中に「湿」が多くなると、
ダルくなってきます。

そんな時は
汗をかくことで解消できます!

42℃くらいの熱めのお風呂で汗をかき、
汗が引いてから寝巻をきて寝ましょう。

寝苦しさが解消されますよ。
朝風呂もおススメです。

 

3、瓜や豆で体内の湿気を
 シャットアウト!

身体の中の「湿」を取り除く食材
それが「瓜類」と「豆類」です。

「瓜類」は身体を冷やす作用があるので
暑がりの方におススメです。

きゅうり、メロン、ゴーヤなど
積極的に摂ってみてください。

「豆類」は温めたり冷やしたりが
比較的穏やかに作用します。

どんな種類のおまめでもいいですし、
豆腐や納豆もいいですよ。

 

4、衣類は天然素材が吉!

蒸れやすい時期なので
お肌に「湿疹」もできやすくなります。

特にナイロンやポリエステルなど
化学繊維はよりそれを増長させます。

絹や木綿、麻など天然の素材は
湿気をコントロールしてくれるので、
湿気の多い季節でも心地よく過ごせます。

冷えやすい方もレッグウォーマーを
絹(シルク)に変えてみると
心地よく温めることができますよ。

 

5、心の整理ですっきり!

梅雨は晴れの日が少なくなるため、
気持ちも少しどんよりしがちです。

そんな時は心の整理!

やりたいこと、
やるべきことなどリストアップして、
頭で考えていること、
心で思っていることを
一度外に出して整理してみると
すっきりするかもしれませんよ。

 

どうでしょう、
5つを意識して過ごすと
どんよりした梅雨も
気持ちよく過ごせるかもしれませんね。

 

天気は変えられませんので
自分の過ごし方を変えてみて
楽しい毎日を過ごしましょう!

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子