来院するタイミングは?

初診の方から
来院するタイミングの
ご質問を受けます

 

低温期がいいの?

高温期がいいの?

生理中でも大丈夫?

 

基本的には
いつ来ていただいても
大丈夫です

 

そのときに合わせた
施術を行っていきます

 

思い立ったときから
すぐ鍼灸をスタートすることで
一日でも早い体質改善ができます

 

そしてその継続した
鍼灸施術の中で、
移植日には特別に鍼灸を受けに
きていただいています

 

下記はアメリカのデータになります

●胚移植日に鍼治療を行なうと体外受精、
顕微授精の妊娠率を上昇させる

鍼を行なわない組では22%の妊娠、
鍼治療組では36%の妊娠率となり、
鍼治療を行なった組に有意に妊娠率が高くなった。
Fertility&Sterility(アメリカの生殖医学学会誌)

 

約1.63倍です!

 

●体外受精と併用された鍼治療は、
妊娠率を向上させる

鍼療法を併用した胚移植は、
鍼治療を受けた組の臨床的妊娠は1.65倍高く、
継続中の妊娠は1.87倍、
生児分娩率は1.91倍高く、
鍼治療派妊娠率の高さと関連していた。
BrirtishMedicalJournal(メリー大学ジョージタウン大学産婦人科)

 

この報告から
着床に必要な子宮、血流、骨盤の
安定が計られたという
裏付けになると考えられます

 

これはもちろん
普段の施術ありきの結果です

 

いつ鍼を受けに行けばいいの?
という答えはわかりますよね

 

先日妊娠されて
無事当院をご卒業された方が
最後にお話されました

 

「もっと早くくればよかったです!」と。

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子