抗酸化で遺伝子を守る!

活性酸素って何かご存知ですか?

 

周りの物質を酸化させる力が
非常に強い酸素のことです

 

私たちは
呼吸によって酸素を
体内に取り入れていますが、

そのうち2%が
活性酸素になると
言われています

 

活性酸素は
細菌やウイルスを撃退する
役目をしていますが、

増えすぎると
正常な細胞や遺伝子を
酸化させてしまうのです

 

遺伝子?!

 

そう活性酸素が
体内に増えてしまうことで
大事な卵が老化してしまうのです

 

この活性酸素が
増えていく原因は

紫外線、タバコ、車の排気ガス、
食品添加物、ストレスなどなど

避けられないものもあります

 

活性酸素から身を守るためには
活性酸素を除去する
カラダ作りが必要です

 

この抗酸化力、
食べもので補うことができます

 

ビタミンC、E、βカロチン、
ミネラルの摂取は有効です

 

【ビタミンC】レモンやいちごなど果物類

【ビタミンE】ナッツやゴマ

【βカロチン】色鮮やかな緑黄色野菜

 

また激しい運動や無酸素運動は
活性酸素を増やしてしまいますが、

軽い運動は抗酸化を
促進させますので、
やはり運動は必要ですね

 

日々生活していると
活性酸素はどうしても
カラダに影響を与えてしまいます

 

大切な遺伝子を
守るためにできることは
当たり前の生活を
丁寧に生きていくことなんですね

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子