夏の日の冷え対策

ここ数日猛暑が続いていますね

こんな暑い日、
冷え対策はされていますか?

 

冷え性は夏にこそなると言われるほど、
この時季にはカラダの冷えに
注意が必要なのです

 

冷え性や低体温が多くなった原因は
エアコンや冷蔵庫の普及で、

いつでも冷たいものを
飲んだり食べたりでき、
夏でもエアコンで
体を冷やしすぎているためです

 

公共施設では
長く居ると寒いほどです

 

ではこの暑い夏、
冷え対策はどうしたらいいの?

 

暑い夏の冷え対策の
ポイントをお伝えします!

 

 

・レッグウォーマと腹巻で
 足元とおなかを冷やさない

 

夏は暑くてムリーと
思われるかもしれませんが、
半袖短パンスタイルでいいのです

どこもかしこも温める必要はなく、
大切な臓器が収まっているおなかと
冷えが入ってくるところと
いわれる足首を温めるだけでOK

 

 

・通気性のよい素材のものを着用する

 

暑い日にモコモコの素材や
綿や毛糸のものはNG

汗をたくさんかいてしまい、
汗でカラダを冷やしてしまいます

絹素材のものは通気性がよく
保温力も高いので
夏でも快適に装着できます

 

 

・タンパク質を積極的に摂取すること

 

タンパク質は筋肉だけではなく、
骨や内臓の構成成分でもあります

体内で熱を生産してくれる働きがあるので
内臓の冷えには効果的な栄養素なのです

 

簡単なことだと思いませんか?

 

冷え性の方が多いのも
現代に生きる特質なのかもしれません

 

しかし冷え性は改善できるものです

今日から体質改善はじめませんか?

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子