ホルモンの影響?

「めまいがする」

と来院された女性が続きました

 

めまいの原因というと、

耳の異常かな?
自律神経の乱れかな?

 

とそれぞれありますが、

ホルモンバランスの乱れに
よってもめまい症状は
加速することがあるのです

 

特に女性ホルモンは、

月経サイクルにおいても
一生を通しても

その分泌量やリズムは
大きく変わってきます

 

更年期に入ってくると

加齢に伴う卵巣機能の低下によって
卵巣から分泌される
エストロゲンの量が減り、

これが脳の視床下部にある
自律神経中枢に影響を及ぼして
自律神経失調症を引き起こします

 

では
加齢は止められないから
めまいは我慢しなれけばならないの?

 

と思いますよね

 

そうではありません

 

例えば
更年期症状の代表的な
ホットフラッシュでみると、

ホットフラッシュは
閉経女性の
40%〜80%に認められ、

そのうち治療を要するものは
25%とされています

 

つまり
75%の女性は症状がでても
付き合いながら生活できる程度
と考えることができます

 

ここで大事なことは
お身体の状態によって
症状の出方に
差がでてくるということです

 

どういうことが
影響しているかというと

 

・身体の冷え

・過度なダイエット

・バランスの悪い食事

・睡眠不足

・運動不足

・疲労

・ストレス

 

当てはまるものがいくつか
あるのではないでしょうか

 

実際に続けていらっしゃった
めまいでお困りの女性達、
全員共通して
お身体が冷えっ冷えでした!

 

 

来週もまた
住吉鍼灸院の出来事を
載せていきますね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

鍼灸師 藤鬼千子