妊娠を邪魔する『活性酸素』とは?

先日は春一番がやってきて
温かくなったのに
また少し寒くなりましたね。

 

寒暖差で体調を
崩されないようにしてくださいね。

 

今回は、
『活性酸素』について
お話しさせて頂きます。

 

みなさんは
活性酸素をご存知ですか?

 

ご存知の方も多いかと思いますが

 

活性酸素とは、
酸素がちょっとした原因で
モノや身体を錆びさせる
力の強い酸素のことです。

 

本来、身体に必要な酸素が様々な刺激により
身体に有害な活性酸素になってしまうのです。

 

体内の組織や細胞を傷つけ、
動脈硬化、糖尿病、高脂血症などの
生活習慣病やガン、不妊、老化
原因になっていると言われています。

 

活性酸素って恐ろしいんです・・・。

 

ですが活性酸素はただの悪者ではなく
お身体に必要なものでもあるのです。

 

体内に適度の活性酸素があるおかげで
体内に入ってくるウイルスや細菌などを
やっつけてくれるのです。

 

しかし活性酸素が過剰になると、
異物ではない正常な細胞も攻撃し始めます。

 

過剰な活性酸素は、
卵巣の老化を早めて
子宮内膜の状態を悪くしたり
卵子や精子にも悪影響を与えたりします。

 

そして、卵子や精子の質を低下させます・・・。

 

活性酸素を防ぐことが
日々の生活でできる不妊症対策の
1つということになります!

 

では、対策の前に活性酸素が
増えてしまう原因は何でしょう?

 

それは、

●食品添加物(インスタント食品など)
●タバコ
●紫外線
●ストレス

などです。

 

これらは活性酸素を大量発生
させてしまいます・・・。

 

活性酸素が多くなる状況を理解して
出来るだけ活性酸素を増やさないように
生活をしましょう!!

 

次回は、
活性酸素の対策方法
お伝えしていきます。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

鍼灸師 須藤ななみ