冷えの自覚はありますか?

 

本日は気温がぐっと下がり

秋がやってきたことを体感します。

 

季節の変わるころは、体調を崩しやすいです。

 

身体を冷やさないようにしましょう。

 

 

冷えと言えば現代人の多くが自覚していない言われています。

 

お風呂に入ったとき思わず

「あぁぁぁ~」と声を上げたことはありませんか??

 

「気持ち~」「緊張がゆるむ」そんな意味も込められていると思いますが

自分の身体の冷えに気づき思わず発した声かもしれません。

 

 

お湯の温度は38度~42度程度が多いと思います。

 

熱すぎる温度ではありませんので、熱く感じるということは

身体が冷えている証拠なのです。

 

 

では実際にご自身の体温はいかがでしょうか?

 

低いほうが健康だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

37度もあれば病人、熱を下げる薬をくださいと

病院を受診する方も多くいらっしゃいます。

 

本来なら平熱でも37度を保ちたいくらいです

 

平熱は高いほうが健康的なのです。

 

免疫力を保ち、心も体も健康的に過ごすためには

このくらいの体温が必要になってきます。

 

 

人間の体には常に酵素が働いています。

 

酵素は37度~38度の間で一番活発に働く言われています。

 

しかしこれは内臓での温度ですので、

体表の温度は36.5度~37度くらいが望ましい言われています。

 

 

日頃から体温が低い方は慣れているため

違和感はあまり感じていないと思いますが

身体は寒さを常に感じています。

 

 

頭痛や月経痛、月経不順や不妊にもつながります。

 

身体を温める意識を持ちましょう。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

本日より鈴木が担当させて頂きます!

 

2週に1度の更新となりますので、

また是非お読みいただき何かの参考にして頂ければと思います!