ホルモン剤投与と身体への影響

こんにちは。

今日は久ぶりの晴れ間が見えました!

お天気が良いと気分がよいですね。

 

ホルモン剤を投与する治療をしたことはありますか?

 

人工授精のため、タイミング療法のため

体外受精のため、採卵のため

長期にわたって、ホルモン剤の投与を受けたり

何度も繰り返している方は多くいらっしゃると思います。

 

そういった方は、身体の土台である

腎気が衰えがちなっています。

 

排卵を促す治療は、一時的に腎気を落としてしまいます

大量のホルモンを使う治療であっても

1.2回で妊娠に結び付くのであれば特に問題はありません。

 

問題となるのは、何度も身体の力を損なう治療をしていたり、

1回の周期で、とても強い刺激の治療を受けている方の場合です。

 

身体の土台である、腎気の落ちる治療の影響で

身体の力が弱まり、卵を作る力が弱くなります。

 

かといってホルモン剤を使う治療を

必要以上に恐れる必要はありません。

このように身体が悪循環にならないように

腎気を上げる治療は鍼灸で行うことができます。

 

最小限の投与で、最大限の効果が出せるように

医師としっかりと話し合い

身体の土台作りを行っていけると良いでしょう!

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

次回も是非読んでください。