排卵誘発剤って、どんな薬?

こんにちは

住吉鍼灸院です

 

 

排卵誘発剤という言葉は

不妊治療をされている方は

耳にしたことが

あるのではないでしょうか?

 

では、

排卵誘発剤には

どんな薬があるのでしょうか?

 

 

大きく分けると

3つに分類することができます

 

 

1つ目は

排卵を抑制する薬

採卵前に排卵してしまった

ということを防ぐためです

 

2つ目は

卵胞を育てる薬

 

3つ目は

排卵を促す薬

 

 

卵胞が十分に成長しても

成熟するために

LHは必要です

 

しかし、早期排卵を抑制するために

薬でLHを抑えたため

代わりになる薬が

必要となるということです

 

 

 

卵胞の成長を促す薬には

大きく2種類あります

 

その1つが

脳に働きかける薬

 

代表されるのが

 

シクロフェニル

クロミフェン

 

脳に働きかけ

エストロゲンをブロックすることで

卵胞の成長を促すものです

 

卵胞を成熟させるために

下垂体は卵巣に向かって

卵胞刺激ホルモンを

分泌します

 

十分に成長すると

エストロゲンが視床下部に向かって

十分に育ったことを伝えるのですが

 

シクロフェニル

クロミフェン

 

がブロックします

 

これによって

卵胞刺激ホルモンは分泌され続け

卵胞が成長していきます

 

 

 

もう1種類の薬が

卵巣に直接働きかける薬

 

hMG

FSH

recFSH

 

卵巣に直接働きかけることで

卵胞が成長します

より多くの卵胞を育て

卵子を確保することが可能です

 

 

 

早期排卵を抑制し

卵胞の成長を助けた場合

卵胞の成熟に必要なLHが

抑えられているために

LHを補う薬

 

hCG

 

LHサージを人工的に起こし

排卵へ導きます

投与後約36時間で

排卵が起こるとされています

 

 

 

多くの薬を使うことに

不安を感じている方も

いらっしゃると思います

 

なんのために

使っているのかを知ることで

少しでも安心して

妊活に望めればと思います

 

 

 

今週も最後までお読みいただき

ありがとうございます

 

住吉鍼灸院 鈴木