骨盤矯正

骨盤矯正 こんな不安を抱えていませんか? 骨盤のゆがみとは
骨盤の歪みは長時間のデスクワークや、足を組む・重い荷物を片方の肩ばかりにかけるなどの、日常生活の身体の使い方が原因となって起こります。
現代人は骨盤が歪んでない人の方が少ないと思います。
まず骨盤とは仙骨と二つの寛骨という骨が組み合わさる事で姿勢を支え、上半身と下半身をつなぐという大きな役割を担っています。
男性
つまりは、骨盤という支柱が歪むことにより、上半身・下半身のバランスの崩れがおこり、それが肩こりの原因になったり、両脚の長さが違うことにより膝への負担や腰への負担などがかかりやすくなったり、腰痛・膝痛の原因と成り得るのです。
それだけでなく、腸や膀胱、女性にとって大切な子宮や卵巣などの骨盤内臓器を守っています。 このように子宮や卵巣を守っている骨盤はホルモンの影響で開いたり閉まったりします。
骨盤のゆがみは女性に多い
骨盤は1日と1ヶ月の周期的な開閉運動を繰り返しています。これは特に自覚的に感じるような動きではありません。
1日の開閉周期を見ると、夜間、特に睡眠時に最大に開き、日中に摂取したものの消化活動を行い、朝の目覚めに向かって徐々に閉じていきます。この閉じる動きに促されて便意・尿意を起こすことで不要な物をカラダの外へ排出します。
女性
この開閉リズムがスムーズに行かなくなると、便秘によるポッコリお腹、残留便、尿がカラダに再吸収されて冷えが強くなり、リンパの流れが滞ることでむくみや代謝の低下につながってきます。

1ヶ月の開閉周期を見てみると、女性の場合は、排卵から生理までの2週間は骨盤が開いていく時期で、生理から排卵までの2週間は骨盤が閉じていく時期になります。

排卵から生理までの2週間は妊娠に備えてプラス6㎏分程の容量を抱え込むことができるので、骨盤は大きく開いています。そのため、朝に骨盤が正常に閉じていても便意をもよおさず便秘になる方もいます。また、骨盤が開いているのでとくに下腹部が太って見え、スカートやジーパンがいつもよりきつく感じる場合があります。

逆に、生理から排卵までの2週間は徐々に骨盤が閉じていくのでお尻もキュッと引き締まり背筋もシャンとするので女性らしい立体的でメリハリのある体型になってきます。 女性の心理としてはずっと骨盤が閉じていればいいのにと思うかもしれませんが、この開閉リズムによってホルモンバランスやカラダの機能が正常に保たれているので開くという動きも必要なのです。そのため女性は男性に比べ、より骨盤が歪みやすい傾向にあります。

当院ではこれらが原因で起こる骨盤の歪みに対して鍼や灸だけでなく、様々な療法でアプローチしていきます。

骨盤周りの筋肉に関して

※ 当施術の効果には、個人差があります。

骨盤が歪んでいると、骨盤に付着する腰方形筋という筋肉がアンバランスな状態のまま緊張し、左右差を生じます。
まずその筋肉の緊張を緩める為に鍼やお灸で施術をします。
吸角療法で一時的に血管を拡張させ、その部位の血流を良くし筋肉の緊張を緩めます。
鍼
他にもオーツートリートメントという当院オリジナルの特殊な手技を使い、手で直接骨盤まわりの筋肉をほぐしたり、碓井流活法で筋肉や関節の本来の動きを取り戻して身体のバランスを整えたり事によって、筋肉を緊張させている原因にアプローチしていきます。

これらの補助療法で骨盤まわりの筋肉をしっかり緩め、骨盤が動きを取り戻した状態で骨格矯正である整体を行うとさらに効果が高まります。
骨盤の歪みが整うと仙骨の上に続く背骨の歪みもとれて、不妊にも効果があります。
なぜなら歪みが整うと骨盤内臓器である卵巣や子宮の血流がアップし、臓器の冷えが取り除かれ着床しやすい体になるからです。また、骨盤の歪みを取り除くと婦人科系臓器の機能向上だけでなく、その他内臓機能の活性化にもつながります。
腰痛の対処法
日常生活でウォーキングするよう心がけましょう。
ウォーキングすると言っても、背筋をピンと伸ばして大きめの歩幅で歩くことで、骨盤を支えている腰回りの筋肉が鍛えられます。
注意なのが、荷物をもってウォーキングすると、その重さが原因でまっすぐな姿勢がたもてなくなるため、避けるようにしましょう。
ランニング
日常生活で、正しい姿勢をキープすることも効果的なので、常に意識をするとよいでしょう。
当院の施術の流れ

当院の骨盤矯正の施術は、鍼を中心とした、コンビネーション療法となります。

ヒアリング

まずはその方その方の症状原因をしっかりと見極めるために、ヒアリングをしていきます。
ご予約
矢印

検査

簡単な動きの検査法をします。
検査
矢印

説明

どういった原因で症状が出ているか、説明をしていきます。
説明
矢印

ベットで行ないます。
鍼
矢印

各種補助療法・手技療法

原因に基づいて、必要な療法を組み合わせます。
各種補助療法・手技療法
矢印

計画

今後の内容や来院ペース・回復の期間などを具体的に説明します。
計画
矢印

予約

次回の日時の予約をします。
予約
半額キャンペーン 問い合せ メールでの問い合わせ