エアコンからの冷え対策

住吉鍼灸院です。

突然猛暑が続いて、なんだか夏休みが始まってしまいそうな気分です。
急激に暑くなったことで、エアコンの設定温度がぐんと下がり、一気に冷え込んで寒いくらいですね。

そこで、今回お伝えするのは、
エアコンからの冷え対策のポイントです。

エアコンは快適な反面、おうち以外では調節しにくく、冷え過ぎてしまうのが問題ですよね。
特に、職場や移動中の電車は避けることが出来ないので、冷たい風にあたりすぎてしまい、身体がおかしくなってしまうことがあります。

そこで気を付けたいのは、3つの首を冷やさない事。

3つの首とは、「足首」、「手首」、「首」。

この3をなるべく露出させないことがポイントです。

足首であれば、夏でもエアコンの効いた職場では靴下、またはレッグウォーマー必須です。
足首が冷えると、下から冷やされた血液が内蔵に戻ってくるので、内側からも冷え込む原因になっていしまいます。

手首は、なるべく長袖のカーディガンなどを着て、素肌を冷風にさらさないようにしましょう。

首はショールを巻いたり、襟付きの服を着て胸元を閉めるといいでしょう
首が冷えると血流がわるくなり、寝違えや頭痛の原因にもなりやすいのです。
また、東洋医学では、“風邪”は首の後ろの風門というところから入ってくると言われています。気温差で免疫力も落ちますので、しっかり首を守りましょう

その他にも、関節部は筋肉がないため冷えやすく、寒さに弱いので膝に痛みがある方や、神経痛や痺れがある方も、冷房の風に直接あたると悪化しやすいので、ひざ掛けがある
と便利ですよ。
  

自分や環境にあった対策を見つけて、冷えないようにしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。