2人目不妊

こんにちは!

住吉鍼灸院です。

今回は、
お子さんがいすでにいるけれども2人目がなかなか授からない
「二人目不妊(続発性不妊)」
についてお話していきます。

一人目の出産後、月経が再開して(授乳期間は含めません)1~2年経っても妊娠しないのであれば、
妊娠しにくい原因があるのかもしれません。

1人目も不妊治療で授かった場合は、2人目も自然に不妊治療で、と考えられますが、
1人目が自然に妊娠、出産した場合は、自分が不妊かもとは意識しにくいものです。

1人目、2人目に関わらず、女性は年齢が上がると加齢のダメージで卵子の受精能力が落ち、
37歳くらいからは卵巣の能力も低下してしまいます。

出産後の環境の変化や、
妊娠出産によるホルモンバランスの崩れ、
精子の状態の悪化や射精障害など、
不妊の原因は色々考えられますので、思い当たることがあったり心配なことがあれば、
一度病院を受診してもいいかもしれませんね。

検査としては一般的な不妊検査と同じで、
治療も原因が見つかればその治療をするのも、一般的な不妊治療と同じです。

治療の段階としては、
30代前半であれば、タイミング法を6周期、次に人工授精を6周期を目安に進めます。
(あくまでも目安です)

しかし、女性の年齢が37歳を過ぎる場合は、ステップアップを早めにすることの検討をしたり、40代に入ると、妊娠のしやすさが加齢によって落ちてきているので、一般の不妊治療か、高度不妊治療で行くのかを早めに決めることが大切になってきます。

子育てをしながらの不妊治療は、体力的にも経済的にも負担が大きくなっていきますので、
夫婦でよく話し合って納得できる選択をしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。