【鍼灸症例】不妊 タイミング療法 肩こり むくみ 改善実績(20代 女性)】

症例報告47

 

【患者像】
29歳 女性 会社員

 

 

【来院】
2019.6

 

 

【症状と来院理由】
主訴:妊活を始めて7ヶ月。不妊クリニックで4回タイミング療法を行なうも妊娠しないため来院。5回タイミング療法を行なっても妊娠しなかったら人工授精へステップアップ予定。
主訴の他に慢性肩こり。

 

 

【治療経過と内容】
治療方針月経周期も28〜30日と大きな乱れはなく、基礎体温も2層に安定しているが、2センチの子宮筋腫が1つあり。経血が少し黒っぽいことから血液循環を良くすることを目的として施術を行なった。

治療経過初診から2週間は週2回で施術を行なった。2回目の施術で慢性肩こりが少し楽になり、それと同時に高温期キープ。そして不妊クリニックで最後5回目のタイミング療法で妊娠。その後妊娠継続中。

 

 

【同時に治療した症状】
肩こり、むくみ

 

 

【使用した主なツボ、手技など】
三陰交、関元、肩外兪、天柱、手三里、オイルトリートメント、お灸

 

 

【考察・まとめ】
年齢も若く、月経周期・基礎体温ともに安定しており、妊娠しやすいお体でした。早い結果を求めて週に2回の施術を行なったことで早期妊娠に至ったと考えています。むくみはあるもののカラダの巡りが改善されていったことは背部の緊張緩和から伺うことができました。