骨盤底筋トレーニング

こんにちは!

住吉鍼灸院です。


今回は、
前回の続きです。

妊活中の方に知ってほしい!
「妊娠中に後悔しないために今からすべきこと」

についての1つ目を具体的にお話していきます。


①	骨盤底筋の筋トレ
骨盤底筋って聞いたことはありますか?
深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋から構成されておりり
骨盤の底を支える筋肉のことをいうのですが、この筋肉を鍛えることが、赤ちゃんが大きくなってきた時に子宮が外に出ないように支えてくれる筋肉です。

鍛えにくい筋肉ですが、
尿漏れ防止や、膣トレと言われるように締まりUPや感度UPにも繋がるので、女性は鍛えて損はない、いいことだらけな筋肉なのです!!
妊娠する前から鍛えておきたいですね。

ではいったいどうやって鍛えるのか?
簡単なトレーニング方法をお伝えします!!



【骨盤底筋体操は、1日朝晩2回!】

1. 1分間のうち約10秒、骨盤底筋を締める。 

2. 残りの50秒は、力をぬく。 

3. 1~2を10回くり返す(つまり10分間行う)。 
慣れてきたら、いろいろな体位で体操しましょう。

ポイント1
力を入れるのは、肛門・膣・尿道口で、肩・お腹・足には力を入れないことが大切です。
おしっこを我慢するイメージで締めてみましょう!

ポイント2
お腹に手をおいて、腹筋が緊張していないことを確かめながら行いましょう!
緊張しているときは、お腹に力がはいってしまっています!

ポイント3
最初は仰向けで膝を立てた状態からスタートすると、やりやすいです。


ぜひ毎日トレーニングしてみてくださいね。

 最後までお読みいただきありがとうございました♪