おしりの冷え

—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–

    4/16〜30までの期間限定!
通常施術料金の半額で鍼灸を受けてみませんか?

バナー

—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–★—–

こんにちは

住吉鍼灸院です。

 

冷え込む日が続きますが、皆さん冷えと言ったらどこを想像しますか?
手先、足先を上げる方が圧倒的に多いと思います。

今回は、色んな冷えがある中でも「おしりの冷え」を中心にお話していきます。

 

mig-2

 

「あーーーー!!分かる!!おしりって冷えるよね!!」と共感してくださった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
不妊や様々な不調の原因の1つと言われているおしりの冷えのことを知って、自分で対策やケアを出来る様にしていきましょう!

ではまず、何でおしりが冷えが起こるのでしょうか?

おしりの冷える原因を大きく2つに考えてみましょう。

 

1つは温まらない
2つ目は冷えてしまう

 

ですよね。

ではまず最初に“1”の 温まらない原因 について詳しく考えてみます。
温まらないのは温める何かが機能していないということになります。
身体を温めてくれている大きな役割を果たしているのは何かご存知でしょうか。

実は「血流」が暖かさを全身に運んでいるのです。
温まらないということは何らかの理由で「血行不良」になっていることが考えられます。

では血行不良についてお話ししていきます。

 

 


「血行不良」について

手や足と違ってお尻は動かすことがあまりないため、元々、血行は悪くなりがちな傾向にあります。
また、お尻は太い血管がない(骨盤に近い深いところにあります)ので、血管が細かい分、血行は悪くなりやすいです。
さらに、デスクワーク等で長時間座りっぱなしの方は、お尻に体重がかかって圧迫される状態となります。
圧迫されている状態が続くことで、余計に血行やリンパの流れが悪くなってしまい冷えてしまうのです。

003-9-1

私は立ち仕事なのでセーフ!・・・と思った方ごめんなさい。(涙)

一日のうち、立ち仕事が多い場合も、座り仕事同様に筋肉が動かず、立っているという動作で筋肉に力が入り血管を圧迫し血行が悪くなりがちなので要注意です!

 

この座っていても立っていても常に体をささえているというところが、おしりの冷えが取れにくい厄介ポイントでもあるのです。。

では。

どうして血行不良になってしまうのか、ということですが大きな要素が一つあります。

 

それは「歪み」

 

歪みが起こると、ちょうどホースをぐにっと曲げると水が通りにくくなるように血液も滞りやすくなります。

歪みのきっかけは様々で、

足を組む
片方の手で荷物を持つ
片方に重心をかけて立つ
うつぶせ寝、横向き寝をする
電話をする際、顔と肩で支える
合わない靴を履く
など、日々のちょっとしたことで骨盤はずれやすくなります。
また、生理のホルモンバランス、出産などでも骨盤はずれやすくなるため、特に女性は注意が必要なのです。

歪みを整えて血流が悪くならないようにすると、体は自然と温まりやすい状態になっていくということですね。

 

 

 


 

温まらない理由はお判りいただけましたでしょうか?

 

次は“2”の「冷えやすい理由」についてのお話です。

温まりにくいのはわかりましたが、どうして冷えやすい状態になってしまうのでしょうか。

最初に、お身体を温めるのに大きな役割を果たしているのは血流とお話ししましたが、実はもう一つあるんです。

それは筋肉!!マッチョの人ってあったかいイメージがありませんか?筋肉は実は熱を作ってくれているのです。

 

images-4

 

もうおわかりいただけましたでしょうか、そうです。おしりには大きな筋肉があるのですが、冷えやすい「脂肪」がつきやすいからでなんです。

 

 


「脂肪と冷え」

 

先程お話したように筋肉は体を温めるのに一役買ってくれますが、一見温まりそうな脂肪は、自ら温まる機能がなく、さらに冷えると温まりにくいという特徴を持っています。

 

脂肪は寒さから体を守る働きを持っていますが、一度冷えたら温まりにくいのです。
さらに女性の体は元々、外からの刺激から子宮を守るために、お尻に脂肪が付きやすい構造となっています。

そのため、運動不足などによりお尻の筋肉が動かさない人や元々の脂肪が多い人、前回お話ししたデスクワークや立ちっぱなしの方は、お尻の脂肪が余計に冷えやすくなる、という悪循環に陥ってしまうのです。

 

そしてもう一つの原因は筋肉が少ない関節、なかでも「足首の冷え」です。

 


「足首の」冷え

 

冬場でも特に女性は足首だけ出ているファッションをしたりしますよね。

 

oggi_1806_114-02

 

あれはおしりも、内臓も冷やしてしまうので女性にとっては対敵なんですよ!

 

どうして冷えてしまうのかというと、血管はほとんどの太い血管は外からのけがなどで傷つかないように深いところを走っていて周りを筋肉に囲まれていることが多いのです。しかし足首は、関節なので骨や腱が多く、さらに浅い場所を走っているため外からの寒さに影響を受けてしまうんです。

冷やされた血液が足から上がっておしりや骨盤内(つまり子宮や卵巣です…!)、胃腸などをめぐることで、体の内側から冷えてしまうということなんです。

妊活中の女性が足を冷やしてはいけない!というのにはこういった理由があったのですね。

 

 


 

原因が分かってきたところで、皆さんが気になるのは、どうしたらよくなるのか? この治療院では何が出来るのか、ということだと思います。
では、ここからはおしりの冷えに対して、当院ではどういったことができるのかをご紹介していきます。

 


先ずは前半で取り上げた

“温まらない原因”の「血行不良」と「歪み」についてです。

 

 

「血行不良」の治療

①鍼

当院は鍼灸院ですので、必ず治療の中で鍼を行っていきます。

鍼は深い筋肉に直接アプローチすることができますので、デスクワークや立ち仕事で硬くなってしまったおしりの深い筋肉を緩め、血流が悪くならない状態にしていきます。

また、鍼は体にとって異物ですので、その体に入ってきた異物をどうにかしよう!と血流が鍼を刺したところに集まって来ます。

ですので、血流が悪くなりやすいところに鍼をすることによって回復力(つまり血行)が高まり身体をいい状態にしていきます。

自分の力を引き出すイメージが一番近いかもしれません。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

更に住吉鍼灸院では、一人一人の状態に合わせて、鍼の効果を高めるために、手技療法と言われる「ひとの手を使った施術」や補助療法といわれる「お灸や電気、遠赤外線など補助的な治療」を組み合わせるコンビネーション療法をオーダーメイドで行っています。

 

②オイルトリートメント

O2クラフトという酸素が空気中の10倍含まれているオイルを使って、筋肉に向けて手でアプローチしていきます。筋肉の緊張がとれオイルの効果と相まって血行の改善に繋がります。

_DSC1039

 

③遠赤外線

住吉鍼灸院では各ベットに1台づつ遠赤外線の機械を取り入れています。主に足元を遠赤外線で温めることにより、血流が良くなり内臓へ向かう血液が温められ身体がリラックスしてより筋肉も緩まることで全身の血行改善になります。

_DSC1027
では次に歪みに対して当院が行っている治療のご紹介です。

 

 

「歪み」の治療

①活法整体

初めて聞く方も多いのではないでしょうか。“活法整体”とは古武術の一つで、身体のバランスを整えて動きを良くする整体です。
古武術というと痛そう怖そうと思いがちですが、妊婦さんやお年寄りの方でも安心して受けられる優しい整体です。

歪みというと骨のイメージがあるかと思いますが、実は、筋肉の使い方の差からバランスが崩れ強いほうに引っ張られていたり弱いほうが負けていたりして歪みとなっていることも少なくありません。

スタッフ3

その活法整体を使って筋肉のバランスを整えることで歪みを改善していきます。

 

②整体

こちらの整体は皆さんがイメージされる、骨の関節の可動域を良くする整体です。筋肉が緩んできていて歪みが取り切れない方、歪みによってつまりが出ている方に行う治療です。

_DSC1248

 

その他にも、お灸や温石など様々な治療がありますが、上記のような治療を通して冷えの改善を行っております。

 


 

更に当院で必ずお伝えしているのは、おうちでのケアの方法です。
何故わざわざ治療に来ているのに更におうちでケアしなければならないの!!と思う気持ちも分かります。
それでもケアをお伝えしていくのには理由があります。

 

冷えの改善の治療を仮に1週間に一度受けたとします。

しかし、その治療している1時間よりもそれ以外の6日と数時間で冷える生活を送っていたらどうでしょうか。

治療で温まる体に近づいても必ず戻ってしまいますよね・・・

 

ですので、おうちや職場、普段の生活でどのくらい冷えに対して気にかけてケアをしているかが凄く重要になってくるのです。

ということで、当院で冷えの改善で必ずお伝えしているとっておきのケアを1つ伝授していきますね!!

 

 


 

■足湯

温泉地などで一度はやったことがあるのではないでしょうか。

やり方はとっても簡単

ashiyu

 

①バケツや桶に、熱ッと感じるくらいのお湯をはり、くるぶし上くらいまでつかります。

②顔が少しほてってくるまでつかりましょう。(10分~15分)

③使っている間は冷めないように熱いお湯を差し湯するのがポイント

④最後に冷たいシャワーを足にかけ、毛穴を引き締めましょう。

 

足先が冷えて寝付けない方、朝起きてもだるくてしかたない方、それぞれ寝る前、起きてすぐにするとびっくりするほど効果を感じると思います!

 

その他、坐骨神経痛などの腰痛もちのかた、膝のいたみのあるかた、生理痛のひどい方などにもおすすめです。

 

是非チャレンジしてみてくださいね!!

 

 

長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

何か気になることがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね!!

 

通常施術費9,130円のところ、
4/16〜30まで初回4,980円で施術を受けられます!

この機会に鍼受けてみませんか?

バナー

 

ご予約はこちらからどうぞ
空き状況をご確認いただけます↓
https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=1761&stf_id=0
住吉鍼灸院
東京都江東区毛利1-9-6マハロタウン1F
03-5600-2522

監修 婦人科医 平林大輔先生