胃下垂と不妊

こんにちは

今回は、胃下垂についてお話ししていきます。

胃下垂というと、胃が元の位置よりも下がってしまって、下っ腹がポッコリなんてイメージですよね。

胃下垂は文字通り、胃が下垂してしまうことで、それによって腸や子宮を圧迫してしまうと血流不足により不妊にも関係してくることが考えられます。

 

胃下垂の原因としては様々なものがありますが、

先天的なものではなく、食生活がかかわっていたり(食べ過ぎ習慣、夜食癖、脂っこいものが好きでよくたべる)、胃を支える筋肉や脂肪の少ない瘦せ型で長身の方、猫背の方に起こりやすいと言われています。

 

今回は、胃下垂の原因を東洋医学的に考えていきたいと思います。

 

先ず、東洋医学的に、人間はそもそも気が集まってできています。気は通常以下の3つを材料にして作られています。

  1. 父母からもらった先天の精気
  2. 飲食物(水穀)から得た水穀の精気、あるいは穀気とも
  3. 自然界の清気(酸素)

この“気”は身体の隅々を流れている、必要不可欠な目に見えないエネルギーですが、働きが5つあります。

その中で、胃下垂にかかわってくる働きが、固摂作用というものです。

 

体液や内臓をあるべき場所に保持する 【固摂作用(こせつさよう)】とは。

気の固摂作用とは、体にとって必要なものを、あるべき場所にしっかり保持する作用のことです。固摂の対象となるものは主に2種類あり、1つは体液、もう1つは内臓になります。

ま1つ目の体液ですが、人間の体には、血液・汗・大便・小便・唾液・精液・帯下(おりもの)……など、さまざまな体液があります。例えば、血液は血管の中にちゃんといて、血管の外へ漏れ出ないようにしなければなりません。それぞれの液体が本来の居場所から外れて、たくさん体外へ流出してしまうと、人は病気になってしまいます。液体を保持してあるべき場所に留め、分泌量をコントロールして必要以上の流出を防いでいるのも気の固摂作用の役割です。

そして、もう1つは内臓です。

内臓もあるべき場所は決まっています。ふつうなら重力に負けてすべて下に垂れ下がりそうですが、内臓の位置が決まっていて変わらないのは気の固摂作用である、と中医学では考えます。気の固摂作用が弱まって、内臓があるべき位置から外れてしまうと、まさに胃が垂れ下がり過ぎてしまう(胃下垂)や、

さらに子宮が下がり過ぎてしまう(子宮下垂)、あるいは遊走腎などの症状が現れます。また、胎児も固摂の対象のひとつですので、流産にもかかわってきます。

 

ですので、この気の固摂作用が何らかの理由により低下してしまうと胃下垂が起こりやすい状態になってしまうということです。

 

気の作用が低下する理由としては、気が足りなくなってしまう、「気虚」が最も多い原因となります。

そして気虚は、気が少なくなってしまっているという意味ですが、最初の方にお伝えしました気の材料の二つ目、後天的に口から入ってきた食べ物から脾胃によって作られる気が、胃腸の不調(脾弱など)により少なくなってしまい、気虚になってしまうことが考えられます。

ですので、治療では、気虚や胃腸つまり脾胃に対してのアプローチをしていくことで、気の固摂作用を高め、胃下垂を改善していくことができるのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。