チョコレート嚢胞って鍼効くの?

こんにちは

住吉鍼灸院です。

みなさん、「チョコレート嚢胞」って聞いたことありますか?
チョコレートって甘くて美味しい、あのチョコレート…?
そうです。あのチョコレートです。
チョコレート嚢胞は正式には【子宮内膜症性卵巣嚢胞】と言われ、子宮内膜症の1つとされています。
子宮内膜症が卵巣内で発症し、卵巣で病変した子宮内膜症は徐々に卵巣内に嚢胞を形成し、月経の度にこの嚢胞内で出血を繰り返し、内腔に古い血液が溜り、チョコレート嚢胞と呼ばれる血腫となるのです。
その状態が溶けたチョコレートのように見えることから可愛らしい名前がつきました。

しかし!
かわいいのは名前だけ。
放っておくと癌のリスクまである疾病です。
問題点がいくつかあるのでお伝えします。

1つめ
「日常生活に支障をきたす痛み」
*月経痛…癒着が進み、年々月経痛がひどくなります。ひどいと日常生活に支障をきたすほどの痛みです。90%の方が月経痛に悩んでいます。
*下腹部痛・腰痛…さらに癒着が進むことで月経時以外にも下腹部痛や腰痛が出ます。性交時の痛みもこれが原因かもしれません。
*排便痛…意外という感じですが、直腸と癒着してしまうことで排便痛が出てきます。
*急性虫垂炎…卵巣に出来たチョコレート嚢胞が破裂して急性腹症を起こし、急性虫垂炎として手術中に発見されることもあります。


2つめ
「不妊の原因」
不妊には3大因子として、卵管因子、排卵・卵巣因子、男性因子がありますが、そのほかにも、子宮内膜症や、子宮奇形、子宮筋腫も不妊の原因とされています。卵管に内膜症が起これば、卵管が癒着して卵子が通過できなくなります。とはいっても、子宮内膜症があっても妊娠、出産をしている人はいるので必ずとは言えません。


3つめ
「再発」
術後妊娠例のほとんどは2年以内に成立するといわれますが、妊娠に至らない場合は再発の心配があります。晩婚化や子宮内膜症の若年化もあり術後5年で40~50%が再発するとされています。


4つめ
「癌化する」
レアケースですが、卵巣癌になるリスクがあります。20~30歳代では1%前後ですが、40歳以降は4~5%に増加するといわれています。子宮内膜症は出産したら治るとか、閉経したら治るとか言われてきましたが、癌化を予防するには40歳以降の子宮内膜症に対して根治療法をしていく必要があります。なんと50歳以降の癌化率は20~25%、更に60歳になると約50%が癌化するといわれているのです。


これはもう放っておけないですね。
ただの月経痛と思わず一度病院に行くことも考えてみましょう。

今回はチョコレート嚢胞がどのようなものかをご紹介しました。

次回は西洋医学的、東洋医学的に治療法をお伝えします。

最後までお読みいただきありがとうございました。