胃下垂と不妊の関係について

今回は胃下垂と不妊の関係についてお伝えさせて頂きます

 

「胃下垂があることによって、なぜ妊娠しづらいのか」

 

一つは、子宮を圧迫してしまうことです。

胃下垂の方は、胃が下垂することで、内臓全体が圧迫を受けます。

内臓全体が圧迫を受けることにより、内臓の機能低下が起こり、子宮は冷え、たくさんの血液を必要とする子宮に血液が供給されない状態になります。

その結果、血流の流れが悪くなり、妊娠しにくい状態になってしまいます。

 

二つ目は、自律神経の乱れです。

改善のためには、まずは胃腸の機能を上げて、栄養が吸収されるようにしていくことが必要です。その胃腸などの内臓全体をコントロールしているのは、自律神経です。

 

何かしらの影響で自律神経が乱れ、例えばストレスが長時間かかったりすると、人は緊張状態になり、交感神経優位となります、

また猫背の姿勢が長時間続いたりしていくこと、筋肉は固くなり、呼吸が浅くなり、酸素不足になっていきます。

つまり交感神経優位が続くと、筋肉が硬くなるだけでなく、内臓の動きも悪くなり、消化不良や便秘を起こす原因となります。

 

自律神経は、良い緊張状態とリラックス状態のときと、バランスが大切なのです。

 

胃下垂や内臓下垂だけでなく、自分の身体の特徴を知り、自分のライフスタイルに合った生活をしていくことが、妊娠しやすい身体を作っていくことに繋がっていくと思います。

 

次回は胃下垂に対する東洋医学的な考え方や鍼灸についてのお話もさせて頂きますね。

 

予約状況はこちらになります↓

https://2.onemorehand.jp/sumiyoshi-shinkyuin/

ただいま、たくさんのご予約をいただいており新規ご予約が取りにくい状況でございます。急性症状でお困りの方は一度お電話でご相談ください。

03-5600-2522

また施術を受ける前のご相談を公式LINEにて承っておりますので、こちらもどうぞご利用ください。

友だち追加

住吉鍼灸院

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

川畑光司