女性ホルモンと便秘

こんにちは

住吉鍼灸院です

 

 

本日は

「女性ホルモンと便秘について」

お話をします

 

 

女性は便秘に

悩まされている方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

便秘の原因には

・筋力の低下

・生活習慣の乱れ

・ストレス

などが考えられます

 

 

大きく4つのタイプにわかれます

 

<ダイエット系便秘>

食事量を減らすことで

便を作る材料が不足します

特に食物繊維の不足が多いです

 

 

<弛緩性便秘>

大腸の筋力低下です

便を押し出す蠕動運動が低下します

運動不足な方や高齢者に多くみられます

 

 

<直腸性便秘>

生活習慣がもとで直腸の働きが鈍くなっています

朝に排便時間を取れなかったり

便意を我慢するとなることが多いです

 

 

<けいれん性便秘>

ストレスや自律神経の乱れで

陽の所々がくびれて便が押し出せない

便秘と下痢を繰り返すこともあます

 

 

どのタイプに当てはまったでしょか?

いくつか考えられる方もいるでしょう

どれが良い悪いではありません

 

 

 

月経前になると便秘になる

という方も

多いのではないでしょうか?

 

月経の時には

プロゲステロンという

ホルモンが増えます

 

プロゲステロンは

妊娠に備えて

体内の水分を維持する働きがあります

 

大腸でもより多くの水分を

維持しようとするため

便の水分が減り、硬くなり

排出されにくくなります

 

またプロゲステロンには

子宮の収縮を抑える働きがあり

それと同時に

大腸の蠕動運動も抑えます

 

 

この二つの理由も加わり

女性は便秘になりやすくなるのです

微量のホルモンの変化に影響を受けるのです

 

 

便秘が続くと

腸内の善玉菌が減り

有害物質やガスを発生させる

悪玉菌が増えま

 

腸壁や血液に毒となる有害物質が溶け出し

血管を通して全身に巡り

肌が荒れたり、吹き出物が出ます

 

 

腸が動かなくなると

血流が不足して循環が悪くなり

身体や内臓が冷えてしまいます

 

 

その結果

自律神経の働きも

女性ホルモンの分泌も悪くなります

 

 

つまり便秘は

身体に毒になるものが

長時間溜まっている状態なのです

 

 

排便の習慣をつけることをお勧めします!

次回より良い生活習慣を

身に着けるための方法をご紹介します!!

 

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

住吉鍼灸院 鈴木愛理