主な不妊の原因~抗精子抗体~

こんにちは

住吉鍼灸院です

 

 

不妊といっても

10~20%が原因不明の

機能性不妊と言われるものです

 

201702150145366tl0big

 

また以前は

女性側の問題とされていましたが

現在はでは

約半数が男性に側の原因でもあると言われています

 

 

今回はその中の1つ

「抗精子抗体」

についてのお話です

 

 

女性にとって精子は異物ですが

通常は抗体は作られません

 

しかし、

まれに精子に対する

抗体を持っている女性がいます

 

main_bb02289d-e278-45a3-a5fb-f77a26efe5b4

 

 

精子に対する抗体があると

射精された精子が

頸管粘液に入ってこようとしても

抗体に攻撃されて動けなくなり

子宮に入れなくなってしまうのです

 

 

また、頸管粘液のみに

抗体があるわけではありません

 

そのため人工授精で

子宮腔まで精子を送り込んでも

攻撃され動けなくなります

 

抗体がある場合は

体外受精が必須になります

 

 

しかし、「精子不動抗体」がある場合です

その他の抗体の場合は

妊娠可能な場合もあります

 

 

・精子所見に問題がない

・ヒューナーテストを

 何回か行っても結果が悪かった

→女性に精子抗体がないか

血液検査で調べます

 

血液検査

 

 

ちなみに精子抗体は

全ての人に共通する抗体で

夫婦の相性の問題ではありません

 

 

男性に抗体がある場合もあります

精巣に外傷を受けたことなどが原因で

自分の精子に対する

抗体を作ってしまうのです

 

精子が凝集して

運動能力が低下したり

女性の身体に入ると

精子が死んでしまったりして

授精ができません

 

この場合も

体外受精や顕微授精が必要になります

 

 

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

住吉鍼灸院 鈴木