冬の養生


こんにちは
住吉鍼灸院の村石です。

今回は前回に引き続き「養生」シリーズです

東洋医学の観点から見た
「冬の養生」についてお話します。

冬は
陽の氣が遠くなり、すべてのものが閉じ、静かに沈みます。
身体の窓を閉めて守るイメージです。

春夏に発散したパワーを、回復するときでもあります。

無理は厳禁な季節なのです。

寒さ対策を万全に、食養生にも精を出しましょう。



ということで、冬の食養生についてお伝えします。


①お肉を食べよう

冬の寒さを乗り切るにはエネルギーが必要なので、タンパク質をしっかり摂る必要があります。
なのでこの11月、12月、1月の初めごろまでは、肉を食べることが養生になるのです。
もちろん、牛、豚、鶏もよいですが、滋養のためにはジビエ料理がおすすめです。
羊、鴨、馬、鹿肉など中々お目にかかれないお肉ばかりですが、
タイミングよく出会ったら是非食べてみてください。

北海道がラム肉をよく食べるのは滋養が関係しているのかもしれませんね。


②みかんでビタミン補給

冬の養生でもう一つ欠かせないのは、ビタミンをとることです。
手っ取り早く摂取するには、ミカンはもってこいの食べ物です。
ミカンの皮を1年以上乾燥させたものを「陳皮」といい、漢方薬にもなるんですよ。
なので、みかんを食べてビタミンを補給した後は、皮を中国茶に一緒に入れて飲みましょう。
1年以上干さない新しいものも、
「新皮」といって香り成分にリラックス効果や血管拡張作用があるのでぜひ試してみてくださいね。


これから冬本番に向けて、
寒さから自分でたいせつな身体を守っていきましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。