基礎体温について

こんにちは
住吉鍼灸院の村石です。

今回は、妊娠への第一歩である基礎体温についてお話していきます。

基礎体温とは、朝目覚めてすぐ、起き上がる前の体温のことです。
ふつうの体温計ではなく、メモリの細かい女性用体温計を使用して測り、専用のグラフに記入していきます。
記入していくと、正常に排卵している場合には、月経から排卵までは低温期排卵後には高温期を示します。

基礎体温をはかっていくと、様々なことが分かります。月経周期や妊娠にかかわる機能、妊娠の早期予測にも役立つのです。

そんな基礎体温を測るうえで、
これだけ知っていれば大丈夫、キホンのキ!をみていきましょう。


⑴	朝、目覚めた時布団の中で測る。
1日の内で体が最も安静な朝、横になったまま測りましょう

⑵	毎日なるべく同じ時間に測る
生活リズムを整えてなるべく同じ時間に測りましょう

⑶	専用の体温計を使い、舌の下に体温計を入れて入れて測る
脇の下よりも舌の下の方が外の影響を受けにくいのです

⑷	備考欄に細かい記入を
生理が始まった日、腹痛のあった日、セックスした日、おりもの、睡眠不足など体の変化も一緒に記録しましょう

⑸	測り忘れてもあきらめない
1、2日くらい測り忘れても大丈夫です。次に測ったときからまた記録をして、なるべく長く続けましょう

基礎体温は実は、朝方トイレに起きた、夜寝るのが遅かったなど、ちょっとしたことでくるってしまいます。なので多少の誤差は気にせず、続けることが大切です。
婦人科で初診のときには、3か月分あると診療がスムーズなので、まずは、3か月から始めてみましょう。
	

最後までお読みいただきありがとうございました