※ 当施術の効果には、個人差があります。

「はり」というと一般的に肩こりや腰痛のイメージが強いかもしれませんが、当院では内科、特に不妊や自律神経なども得意としています。
一言に「はり」と言っても術者によってその手技の種類は様々であり診断の方法も1つではありません。なので、以前に「はりを受けたけど効果が感じられなかった」という方でも「当院で違う手技で施術をしたら良くなった」ということも非常に多く見受けられます。
鍼の施術
「はり」の理論的な話は東洋医学の歴史から説明されることが多いのですが、陰陽五行論とか中医学などは少々難しくて理解しづらい面もあるので、ここでは「はりのメカニズム」について出来るだけシンプルにお話ししたいと思います。

身体に「はり」をすることによって、体内ではどのような変化が起きるのでしょうか?
よく「自然治癒力」とか「自己免疫力」などと言われますが、はりをすると免疫力が高くなります。
「はり」をすると、身体は「はり=異物が入ってきた」と認識します。元々人体には外部からの異物を排除しようとする機能があるので「異物を体内から追い出そう」という働きが起こります。
血液中の赤血球や白血球が集まってきて酸素や栄養を増やし、リンパ球が外からの刺激に対抗しようとします。そのようなメカニズムにより、「はり」をしたところは局所的に血流改善が起こり、それが全身的に及ぶと新陳代謝機能が活発になって白血球やリンパ球も増えることで自然治癒力が高まるのです。
腰痛や肩こりなどの筋肉的なアプローチに関しては、炎症を早く分解したり血管を拡げて血流を増やし筋肉を緩め、痛みの原因となっている神経への圧迫や発痛物質を除去していきます。
急性の「ギックリ腰」や「寝違え」などは皮膚表面に近い浅い部分に原因がある場合も多いのですが、慢性的な肩こりや腰痛などは筋肉の深い部分に原因やコリなどがあることがほとんどです。
指圧やマッサージよりも、深部にピンポイントで施術をしやすいのも「はり」の特徴です。
鍼
不妊や自律神経に対しての際は、筋肉を緩めて血管を拡げる施術と合わせながら内臓に効くツボや自律神経の安定を図るツボなどを使って交感神経の緊張を解いていきます。
すると副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが安定して妊娠しやすい身体へと体質改善されていくのです。

以上のような素晴らしい効果のある「はり」を、当院では院長をはじめとした経験豊かなスタッフ達が、1人1人に対して心を込めて施術をして非常に高い実績を生み出しています。
半額キャンペーン 問い合せ メールでの問い合わせ